· 

リリーさん

私は声が小さくて、(大きい声を出すには、がんばらないといけない。)

溌剌としてない。

なんだかボンヤリした感じがあって、

ハッキリ、ずばっとものが言えるタイプでは全然ないし、

しゃべるのもめちゃめちゃ遅い。

ちょっとポッチャリ気味で

二十アゴが気になっている。

ゆえに、

細くて、スッとしてて、

きっぱりしゃべることができて、

スカッとした陽気な女の子を見ると

めちゃめちゃうらやましくなる。

どう、生まれ変わっても

ああはなれないと思うからこそ、

自分の持っているものが

コンプレックスに感じて仕方ないときが、ある。

 

 

そんな私にとって、リリーさんは神様だ。

ボンヤリしてても、

派手じゃなくても、

声が小さくて、しゃべるのが遅くても、

…この人、いいなあぁぁ………

と思う。

どうしてかは分からない。

リリーさんは、リリーさんだから良い。

 

 

めちゃくちゃがんばって、例えばコンビニで、声を張り上げてるリリーさんなど好きじゃない。

がんばってないから好きなのだ。

ダメな感じが漂うから好きなのだ。

くたびれたみたいに見えて、

やる気があるようにも見えないし、

ポジティブなパワー溢れるようにも見えないし。

 

でも、この人、いいなあと思う。

この人、好きだ。

 

分析するのは簡単で面白くないから、

ここではしないでおく。

とにかく、この人が存在するだけで救いなのだ。

 

私は、リリーフランキーみたいになりたい。

大学の頃からの、願い事である。

 

 

 

「お父さんと伊藤さん」

主演:上野樹里、リリー・フランキー