ごはん

いつも口にするものは

日常で、特別です。

 

 

イマイチでも、まずくても、手作りのごはんが

一番おいしくて、すきだなーと

買ったからあげ弁当を食べながら思った日があります。

 

からあげ弁当もおいしいんだけど、

やっぱり作ったごはんにはかなわない。

 

 

お茶ってね、淹れる人によって

味が変わるんですよね。確実に。

ごはんもそう。

作った人のこころが出ます。(と、思っている)

 

 

素直においしくて、

やさしいけれど、芯があって

奥から奥から、力強さが湧き出てくるような

味が、好きです。

 

そんなごはんは、なにものにも代えられません。

 

宝やと、思います。

 

そんなごはんを作れる人は、宝として

 

いっぱいいっぱい、磨いてやるんです。

やさしく、やさしく。

 

いつか、光が溶けて

自然に還るまで。

 

 

-------------

 

 

「銀のスプーン」という漫画に最近ハマっています。

おいしいごはんがつなぐ、ひととひとの

こころの物語。

すてきで、おなかがすいてきます。おすすめです。

 

 

ごはんは、日常で、特別です。

 

今日はなにを口にしますか。

誰と食べますか、それとも一人で。

どこで食べますか。

 

 

どうしようもない一日でも

 

やっぱりうまくいかんかった、って嘆いても

 

ポカリスエットを飲まないと、涙が足りないという日でも

 

 

 

たとえどんないちにちであっても

 

あなたの口にする味が、

せめて一日に一回は

おいしくありますように

 

 

優しさを感じる味でありますように

 

 

 

世界を平和にすることはできなくとも

わたしが見る世界を平和にすることはできる

 

そう願って、フライパンを持つ。

 

 

 

 

いつも どうも ありがとう。